お金を借りる

お金を借りる方におすすめするキャッシング会社ランキング

お金を借りる・借りたいという方は沢山いらっしゃると思います。お金がない時、お金が必要な時って本当に冷や冷やしますよね。

 

なのでお金がないのとついついぼやいてしまう方に即日スピードキャッシング出来るおすすめのキャッシング会社を紹介いたします。どこも名の知れた有名なところばかりなので安心してご利用頂けます。

 

今はとても便利な世の中で「即日融資」が当たり前の時代です。お金を借りる・借りたいという方は当サイトをご参考に頂き即日融資・キャッシングをして下さいね。

 

20150310追加
30日間も無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)なのがプロミスの大きな魅力。
また以前より実質年率が下がり、限度額が増えダブルのスペックアップが実現しました。実質年率は4.5%〜17.8%。借入限度額は500万とかなり強化されています。信頼度抜群、三井住友フィナンシャルグループの安心カードローンです。

 

特徴
30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
3項目の3秒診断で簡単に借入可能かわかります
主婦、学生、パート、アルバイトでも安定した収入があれば借入可能

 

LPバナー 200x200
モビットは2種類の申し込み方法があり、そのどちらも魅力的です。カード申し込みは少ない項目の入力で融資可能かわかるので沢山の項目の入力が面倒な方やアナログな方に向いています。またWEB完結申込みは確認の電話や自宅への郵送物がないので家族に内緒の方にはピッタリです。三井住友銀行グループのモビットなので安全性、信頼性は群を抜いています。

 

<即日融資の条件>
※14:50までの振込手続完了が必要です。
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

特徴
カード申込みでパソコンが苦手な方も最小限の入力で審査結果表示
WEB完結申込みで郵送物、電話連絡一切なし
10秒簡易審査
※10秒簡易審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

 

今は安心してお金を借りることが出来る時代

安心・簡単にお金を借りることが出来るのが今だと思います。

 

以前は出資法と利息制限法が矛盾する上限金利(グレーゾーン金利)が定められており29.2パーセントが上限金利だったのですが、その後、出資法は改正され利息制限法に歩調を合わせることで年20パーセントが上限金利になりました。

 

要は利息が昔と比べて安くなったので安心してお金を借りることが出来るようになったんです。しかしながら利息が安くなった分、金融機関の審査も厳しくなったという声も耳にします。

 

確かにその面は事実としてあるでしょう。しかしながら現状アルバイトやパート、学生、主婦の方でも審査に通っているので、高収入じゃないとお金が借りれないとか正社員じゃないとお金を借りれないという事はないですね。

 

ではどういう面の審査が厳しくなったのでしょう。おそらくこれは信用情報と個人情報の審査が厳しくなったのだと思います。

 

まず信用情報からです。

 

信用情報とは他者から借り入れがどれくらいの額あるのか。今まで支払いの滞納があるのかなど過去の借金の歴史をたどるものです。支払うべき時に支払いをせずに放置した履歴がある方、複数の会社(銀行、消費者金融)から借入しており債務超過の方は審査に通りにくいと言えます。

 

現在では貸金業法に総量規制が定められており年収の3分の1以上の借入が出来ないように法律上定められているので、そもそも借入総額が年収の3分の1以上になる方は借り入れ出来ません。※例外あり

 

重要なのは過去に支払いの遅滞があるかないかという事でしょうね。借金の返済に遅れた。クレジットカードの返済が遅れた。そういった経歴がある方にとっては審査は厳しいものになるのかもしれません。ただ金融機関の審査基準は会社(銀行、消費者金融)ごとに異なるので場合によっては過去に滞納などがあっても審査に通る場合もあると思います。

 

次は個人情報ですね。

 

借入審査をする際に個人情報を入力します。所属する会社や勤続年数、借入社数、借入金額などを入力するようになります。ここで虚偽の申告をする方は極めて審査に通りにくくなると思います。金融会社(銀行、消費者金融)はあなたの借入社数、借入金額など信用情報機関を通じて当然に把握しています。

 

それなのに敢えてあなたに聞いているんです。「いま何社からいくら借金ありますか?」と。

 

お金が必要ですぐに借りる・借りたい、審査に通りたいという一心からご自身を良く見せようと借入社数を少なくしたり借入総額を事実より減らしたりする方がいます。絶対に止めましょうね。嘘をつくことは百害あって一利なしです。お金を借りる人はどうしても後ろめたさが付きまとっている方が多いです。

 

良く見せよう。審査に通そう。そのために虚偽の申告をしてしまおう。気持ちがわからない訳ではありませんが、そんなことをしたら逆に審査に通らなくなります。あなたは嘘つきにお金を貸しますか?

 

貸しませんよね。嘘をつく人は信用できないですからね。なので絶対に虚偽の申告をしないというのが審査に通すための重要なポイントと言えるでしょう。

 

信用情報に傷が無く、虚偽の申告をしなければ審査はそこまで難しいものじゃないと思います。
現に学生、主婦、アルバイト、パートの方がお金を借りているという事実があるのですから

 

金利も昔より安くなった。そして審査も信用情報に傷が無く、虚偽の申告をしなければ意外と通るもの。WEB上で申込みが出来、パソコンやスマホで契約できる。

 

まさに今は安心してお金を借りることが出来る時代だと私は思います。

信用情報って何?

お金がないのでお金を借りる・借りたい。
だけどお金を借りる際には信用情報を精査される。

 

でも一体信用情報って何?

 

なんとなくは分かるけど詳しくは分からない。広く知られている単語だけど詳しく知らないのが「信用情報」だと思います。

 

信用情報は個人の支払能力に関する情報の事で年収やどこに住んでいてどこに勤めているのか。また借金の借入、返済、遅滞情報や公共料金の支払い情報等を含めた個人情報がストックされています。

 

ちなみに消費者金融における借入残高などは二日以内に最新の情報に反映されるというのだから凄いです。なので嘘を言ってもすぐにばれるわけです。
信用情報機関によっては携帯電話の端末料金の支払い状況や家賃賃貸保証会社の支払い状況なども把握しているので、ただ単に消費者金融からの返済だけが登録されている訳ではないという事は覚えておいた方が良いでしょう。

 

なので家賃にせよ、公共料金にせよ、携帯電話の料金にせよ支払いを延滞することは借入するうえでデメリットになる可能性があることを知っておくと日頃の心構えも変わると思います。

 

なおクレジットカードについては沢山使用していた方が信用力がアップするということもマメ知識程度に頭に入れておいた方が良いですね。クレジットカードを使用してそしてしっかりと支払いをする。この繰り返しを続けている人はクレジットスコアというものがアップし信用力がアップするんです。

 

日本でも取り入れられていますが、アメリカなどではクレジットカードの利用履歴(クレジットヒストリー)とそこから算出するクレジットスコアが借入時にかなり重視されでプライム層(信用力が高い)サブプライム層(信用力が低い)に分けられるのです。

 

とにもかくも収入から住所、職業、携帯電話の支払いや家賃の支払い、クレジットカードの使用履歴までもが分かるのが今の信用情報機関です。

 

なおご自身の信用情報を知りたいという方は本人開示制度があるので開示手数料を支払って確認することが可能な点も知っておいて損はないでしょう。